×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフスイングアプローチの真髄

ご存知ですか?ゴルフの70%が120ヤードより短い距離のショットであることを。
つまり、アプローチをおろそかにするというのは、ゴルフの70%を捨てていることになります。
あなたは、アプローチの練習をしていますか?
練習場では、フルスイングの練習しかしないのではないでしょうか?
ドライバーでかっ飛ばすのは確かに気持ちがいいです。
ドライバーで飛距離を出すことも確かに必要です。
しかし、本当にスコアを良くしたければ、アプローチの練習をしなければいけません。
テレビでプロの試合を見ていると、アプローチが成功するかどうかでバーディーが取れるかが決まってきます。
ドライバーでラフに打っても、アプローチが上手だと難なくパーをセーブします。
バンカーに入れてもアプローチでピタッとピンによせれたらかっこいいですよね。


ゴルフアプローチの重要性

ゴルファーとは、いかに少ない打数でホールアウトするかを考える人種です。
その為には、絶対に小技の練習が重要なのです。
にも関わらず、多くの方は小技の練習を驚くほどやらない。
やはりドライバーの練習の方が楽しいし、アプローチの練習でボールを打つのは勿体ないと言う気持ちも有るのだと思います。
ゴルフスイングアプローチの真髄
ゴルフスイングアプローチの真髄


ゴルフスイングアプローチアプローチの重要性に気付く

ドライバーの練習やアイアンの練習がメインで、
アプローチの練習なんてオマケ程度にしかやりませんでした。
練習場に行き、最初に少しだけアプローチの練習をして、
後は最後の方に少しだけ練習して終りです。
何と言うか、ウォームアップとクールダウンのような感じで、適当に軽く打つだけでした。
私も、アプローチの重要性にはあまり気付いていなかったのです。


ゴルフスイングアプローチアプローチの練習

それに、アプローチの練習は楽しくなかったので長く続けられない事と、
アプローチの練習ごとき で練習場のボールが消化されるのが勿体無かったのです。

しかし、研修生になり、様々なレベルのゴルファーと試合をするウチに、
飛距離が出るだけではとても勝つことが出来ない事に気付きます。


ゴルフスイングアプローチアプローチの重要性を説いた言葉

そして、歴代の偉大なゴルファーは、皆アプローチの重要性を説いた言葉を残していたことを知ります。

「スコアの70%はピンから120ヤード以内で打たれる。だから、アプローチを重点的に練習すべきだ」

これは、帝王ジャック・ニクラウスの残した言葉です。

そうした様々な経験を経て、
「アプローチの腕を磨き、自分の得意の武器にしよう!」
と、思うようになりました。

しかし・・・

ゴルフスイングアプローチの真髄

関連記事

ゴルフスイング軌道が劇的上達 ゴルフスイングドライバーの飛距離を伸ばす方法

あなたは間違ったスイングでうっていませんか?
スイングを変えるだけで、今より30ヤードは飛距離を伸ばすことができます。
あなたはスイングする前にあれこれ考え過ぎて、自分のスイングを見失っていませんか?
あるスイングのコツさえつかんでしまえば、ドライバーの飛距離はさらに伸びます。